障害年金受給に至った私の申立書を公開します

申立書の書き方に悩まれている方へ
評価-
販売実績0件
0
https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/craudia-public/service/80746/828901ae336811fe16337a435b8356f3.png
https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/craudia-public/service/80746/mini/107044e752477e7df8bf0d6e2c386a87.png
5,000
納品予定日:1日後
見積もりの相談をする
見積もりの相談後に購入できます

スキル内容

●本サービスは申立書の公開のみで直接的な書き方のアドバイスは行っていません● 私は学生時代にうつとパニック障害、転換性障害を発症しました。 そして、現在は双極性障害(躁うつ病)や聴覚過敏と闘病中です。 また、発達障害も指摘されています。 障害年金の存在を知ってから双極性障害(躁うつ病)を理由に障害年金の請求を行ったのですが、特に障害年金の制度について詳しかったわけではありません。 しかし、インターネットの情報をもとに専門家に頼らず自力で障害年金を申請(事後重症)しました。 その結果、めでたく障害基礎年金2級(精神)を受給することができました。 本サービスでは私が障害年金受給に至った病歴・就労状況等申立書(発病した時の状況~発病から初診までの状況~請求時点までの状況)を公開します。 病歴・就労状況等申立書の内容をワード文書として書き出し、PDFファイル(8000文字程度 A4用紙7枚)としたものを公開させていただきます。 なお、障害認定日頃および請求日頃の状況については公開しておりませんのでご了承ください。 また、固有名詞については匿名とさせていただきました。 私は当事者であり障害年金の専門家ではないため病歴・就労状況等申立書の添削を行うことはできません。 しかし、実際に障害年金受給に至った私の病歴・就労状況等申立書を公開することでご依頼者様に申立書の書き方のポイントなどをくみ取っていただければと思います。 ※病歴・就労状況等申立書とは障害年金の審査を受けるために必要となる書類の一つで医師により作成される診断書とともに提出するものです(こちらは請求者本人が作成するものです)。 ※病歴・就労状況等申立書は医師の診断書だけではわからない項目を補完するものであるため病歴・就労状況等申立書を完璧に書けたからと言って必ず障害年金を受給できるというわけではありません。 ※当然のことながら病歴・就労状況等申立書には嘘を書いてはいけません。私の申立書には一部大げさな表現と思われる部分があるかと思われますが全て事実です。 闘病歴20年以上の経験から同じ悩みを持つ仲間として少しでもお力になれればと考えこのサービスを始めました。

必須質問項目

PDFファイルを閲覧できる環境ですか? 商品データはPDF形式で納品させていただきます。

このスキルを閲覧している人はこのサービスもチェックしています

5,000
納品予定日:1日後
見積もりの相談をする
見積もりの相談後に購入できます
出品者プロフィール
profile_image
男性
最終ログイン:12時間前
総販売実績:件
本人確認機密保持契約(NDA)-
【病院に行くほどでもないけど管理栄養士に相談したい!】 →かかりつけ管理栄養士がお力になります。 (。•́︿•̀。)「献立や食事の相談に乗ってくれる人いないかなぁ」 (•‿ •)「はいっ、おませく
サービスを宣伝しましょう!